面倒くさくて名前がない

思いつきで始めたのんびりウェブログ 内容は趣味のことに終始する予定。 つまり、TVゲーム、アニメ等オタク全開。 苦手な方は注意。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
今日はVC配信日
今日はカービィトアを購入。
星のカービィ 夢の泉の物語
http://www.nintendo.co.jp/wii/vc/vc_ka/index.html
これは昔友達の家でさんざんやっていた記憶がある。
VCで思い出のソフトを買うのは初めてだが、これが思い出フィルターか、と思い知った。俺の思い出の中ではもうちょっとカラフルだったよ。まあ、ゆっくりやっていこう。グラフィックはそのうち慣れるさ。


ストーリーオブトアなんですが。むちゃくちゃ面白いな、これ。
http://vc.sega.jp/vc_thor/
最近アクションRPGに触れていなかったこともあって、長時間やってた。精霊4種そろったし、やりすぎたかも。謎解きより戦闘に重きを置いた感じのゼルダって感じかなあ。地味だけど。

以下ネタバレ
システムは普通のアクションRPGか。あんまARPGやってないんで、ようわからんが。
 基本は短剣で敵を倒す、他には長剣、弓、爆弾が装備可能だが、それぞれ仕様回数制限有り。
 ぶっちゃけ短剣使うよりジャンプキックだのロ-キックだの使ってた方が強い。あんた短剣なんて持ってる場合じゃないよ!足だけで良いって!って感じるくらい蹴りが強い。短剣が弱いのかもしれないが。
 Yボタンでスピリットボールを発射して水や火に着弾させることでそれぞれに応じた精霊が召還できるんだが、このシステムが良くできている。
 回復魔法を使える水の精霊を召還するには川だったり湧き水だったりを探さないといけない上、召還しているだけでSPを消費するため、出しっぱなし出冒険をするのも時間が限られる。精霊を引っ込めればSPは自然回復するが当然召還するためにまた水を探さなくてはならない。
 このシステムのおかげで精霊が便利すぎないうえ、ダンジョンの見た目が攻略にそのまま関わってきたりするのが面白い。水が豊富にあるダンジョンは楽だった。あと、水の精霊は敵のスライムからも召還できる!水っぽいしね。良くできてる。
 SPやHPに余裕があるときには火の精霊がオススメ。炎の攻撃に弱い敵が多いのと、放って置いても自動で敵を攻撃してくれるおかげで、戦闘がとても楽になる。個人的に呼び出しやすいのも好ポイント。ダンジョンの壁に掛かっている松明や、敵魔法使いの炎の魔法からも召還できる上、自分で投げた爆弾からも召還できるのでとてもらくちん。
 影の精霊はマップ移動専用のような気がする。正直戦闘で役に立っているのかは不明。緑の精霊は取ったばかりであまり使っていないが、使い勝手が悪い。自分で移動しろっての。

 シナリオは淡泊。ゲームに集中できるので個人的には好きだが、物足りないと言われればそうかもしれない。何にせよ良質のARPGだと感じている、まだまだファーストインプレッションだが。興味を持った方はこのゲームについて調べてみても良いと思う。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。